FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は何の日

6/24・・・

仕事中、日付を書いて思い出した。

今日は、俊輔の誕生日!

Happy Birthday Shunsuke !

メッシ、リケルメ、ルイスガルシアと、有名どころが同じ誕生日。
この日はなにかあるね!


エスパニョールに移籍も決定したみたいだし、そのメッセージも届いた。

そこらあたり、ちょっとつついてみようかと思ったけど、今日はもう時間切れ。
明日は仕事が休みなので、明日ゆっくりと。。。

【ということで、明日追記します。】


だいたい、マスコミ騒ぎすぎ!

海外を絡めた移籍なんてさ、代理人も入るし、交渉が失敗に終わった本当の理由なんて…
たぶん、マリノス社長でさえ、本当はわかってないんじゃないの?

真実を知っているのは、俊輔本人と、代理人のみと思う。

ただね、マリノスが俊輔が帰ってくることを想定して、1年も前からずーっと準備してきたことを考えると、マリノス、お気の毒すぎる。

俊輔が好きな人は、まだ海外でチャレンジしたいというその気持ちを受け入れられるだろうし、後押ししたいだろう。
でも、純粋にマリノスが好きなんや!って人はどうかな…?
クラブをコケにされたような気にならないか?

そこのあたりを、もうちょっとうまく俊輔サイドは気を使ってほしかった気もするね。



で、ワタシ自身はどう思ってるかというと…

本音は、ちょい残念かな。
いや、かなり残念か?

9月のホームマリノス戦は砂かぶり席を申し込もうと思ったのでね…
間近で俊輔を見られないことは、全力で脱力。


ただね…今回のキリンカップ&W杯最終予選(ウズベク&カタール戦)の俊輔を見てると、悩んでるな~って気がしたんだ。

マリノス? or エスパニョール?にではない。

このままの自分でいいのか…深く悩んでいるように見えた。


海外で経験を積んだ大人になった俊輔は、『自分を殺す・味方を生かす・For the team』なんてことがさらっとできるようになっていた。
運動量も豊富になり、守備も厭わなければ、苦手なヘッドも頑張っていた。

「ここにパス出すから、そこに走りこめよ」と、上から目線で指示するのではなく、「動けば、そこに出すから」と、攻撃陣が思いっきり動けるようなボールを送り込む。
しかもその技術はさすが!と、うならせるほど!

でも、それでいいのか。。。

チームの為に奔走することによって、背番号『10』を背負う男の怖さは削がれていないだろうか。。。

もっと個人プレーに走ったほうがよかっただろうか。。。

いや、個人の技術もこのままで満足してしまっていいのだろうか。。。

…そんなことを考えているように見えた。
そして、おそらくその陰には、本田や山田の影がちらちらしていたのではないか。
下の世代に負けるのは嫌な負けず嫌いな性格なのだから。


そんなときに、交渉の失敗&スペインへの夢となれば…

この年齢で、スペインにチャレンジするのはかなり勇気がいると思う。
まずは、チームに慣れるところからはじめなきゃいけないし、そんな陽気なタイプじゃないしね(笑

すべては自分のおもうままに…というわけにはいかないだろう。
壁にぶち当たって、悩んで、練習して…の繰り返しになるのでしょう。
そんな俊輔を見るのもまた久々で新鮮なのかもしれません。
思い切り弾き飛ばされては、起き上がってきてほしい。

そのことで、きっと俊輔の引き出しがまた増えるのでしょうから。


さて、WOWWOWの契約、どうすっかな・・・



『俊輔に14クラブからオファーきていた』

『中村俊輔がセルティックに残した足跡 ~背番号25が輝いた4年間の日々』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
プロフィール

yoshi

Author:yoshi

人生が輝き出す名言


presented by 地球の名言
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。