FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連敗中

内容は良くても、負けは負け。

やり方を変える必要はないんだけど、負けたからにはその理由があるはず。
それは何度かあった決定機を外したからだけだろうか。。。?
まあ、それが一番大きな理由なのかもしれない。

でも、点を取れなくても、勝ちはないけど、負けもないのがサッカー。
点を取れないのなら、点を入れさせなければいいだけ。

ま、リスクを負って、点を取りに行く攻撃サッカーを標榜しているチームに
そんなことを目指してほしいわけじゃないし、
今の広島サッカーが好きだから、1失点目などは、よくあることさと
少し諦めにも似たような感情がある。
(このイケイケ状態の失点も、チームは前に反省してたよう気がするが…)


でも、せめて、セットプレイでの失点だけは、もういい加減なんとかならないだろうか。
今回に限らず、毎試合マークを外されることが多すぎる。

セットプレイの練習をしているかどうかは不明だけど、
しているのなら、それに対する指導が甘すぎるんじゃなかろうか。
何度、セットプレイで失点して、そのために勝ち切れなかったり、
せめて同点で終われなかった試合があることやら。。。

攻撃時、変形4バックをとるようになったのは選手のアイディア。
それで、それを監督は否定してないわけだし(イッソ4バックニスレバイイノニ…)、
セットプレイ時の守備についても、選手同士がもっと話し合ってもいいんじゃないだろうか。
ってか、経験豊富な某コーチからの助言はないのかなぁ。。。



それにしても、怪我人が多いことが恨めしいことよ。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ここでも「う~ん、、、」

ワタシ的には、1失点目は高原の「ブラボー」だったと思います。
高原、もはやこれまで?と思っていたけど、よく戻って来たなあと。
本当に「どうしても、W杯で自分を出し切らないと死ねない」くらい思ってんだろうなあって、、、、(あのプレ-が、じゃないですよ。ここまで戻って来たことがですよ)」本戦を闘ってきた高原や俊輔と、うちの選手達を比べてはいけないと思ってますし、、、(うちの夫は最近の俊輔を見て「三回やってみんと、本当の意味はわからんもんなんじゃろうのおお」としみじみ言ってます。)
うちの選手だけが努力してる訳じゃないんだということでしょう。何度か練習を見に行って、ミシャのやってることは、色々な意味で「私達のこれから」にもの凄い大きな意味があることだと思っています。様々なビッグチームには、1つの方向を見るようになるまでに色々な歴史がある、例えば、アントラーズにはジーコがいて、浦和には「Jのチームが欲しい」と熱望したうい~あ~の人達がいる、では、私達はどうするか、、、というか、私はどうするか、という事を、試合や練習を見る度に、考えている自分がいます。
ここで愚痴るのもなんですが、一体、熱心なサンフレッチェファンの人は何を基準に判断してるんだろうなあって、、、
例えば降格したチーム、のどれだけが1年で戻って来てるのか。
例えば昇格したチーム、のどれだけが1年で上位に食い込むのか、、、
選手やチームを疲弊させるのは、本当に夏の暑さだけなのかなあって思っています。

Re: ここでも「う~ん、、、」

obaabaさん、こんばんは!

1失点目の高原のアシストは絶妙でしたね。
そして、ゴール前で冷静なエジがとてもうらやましく、一昨年の寿人とウェズレイを見ているようでした。
チームとしての調子が悪くても、個人技で何とかなってしまうんだから…

でも、広島が目指すところはそんなんじゃないはず。
いまだ成長期の広島は、1歩進んでは1歩下がりの繰り返し。
試合を重ねて反省しては修正していく過程なのでしょう。

ただ、一昨年とチームの成熟度は違うとはいえ、同じように勝ち点が伸びず、
勝てない試合が続いていくことにたいして、不安が募るのはサポとして当然といえば当然。
かく言うワタシも、「大丈夫!」と思いながらも、「そういえば、一昨年もそんな風に思い続けてたんだよな…」って。。

ともあれ、このサッカーを続けるしかないんですよね。
これを突き詰めていくことに価値があるだろうし、ミシャが言うには、それこそが日本の目指すサッカーらしいので♪

でも、J2の時から、セットプレイに弱いのがすごく気になってて。。。
ワタシ、そのことだけは辛口にならざるを得ないんですわ。

西河くんが、山形でJ1初ゴールを決めたのを見て、去年の徳島戦を思い出してしまいました。
西河くんの得意のパターンなんでしょうが、同じような形でうちもやられたんですよね。。。
いろんな面で成長しているのに、そこだけは変わらないってのが。。。

>選手やチームを疲弊させるのは、本当に夏の暑さだけなのかなあって思っています。

選手やチームを元気にさせるのは、春秋の涼しさだけなのかなぁってことなんじゃないでしょうか。

たとえば、obaabaさんがストヤノフにどこかの誰かさんの代わりに謝ったことだって、プラスに作用しているだろうし、スタジアムに人がたくさん集まれば、それだけで選手はやる気になるでしょう。
あと、信じることかしら?
ハーフタイムにブーイングがあっても、頑張れちゃうレッズみたいなチームもあるし(爆、すべての一体感って大事ですよね♪
最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
プロフィール

yoshi

Author:yoshi

人生が輝き出す名言


presented by 地球の名言
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。